Info Center
目次: > ホーム > ニュース >

手動歯ブラシと電動歯ブラシ

Date:2021-08-07 14:03

手動歯ブラシと電動歯ブラシ
歯を磨くことは、適切な毎日の口腔衛生の基本です。歯ブラシは、口の中にたまった食べ物や歯垢を取り除き、感染症や病気の可能性を防ぐのに役立ちます。このため、効果的な衛生状態を保証する歯ブラシを選択することが重要です。

多くの場合、電動式か手動式かを問わず、どちらの歯ブラシが最適か疑問があります。どちらのブラシにも利点があり、どちらを選択するかは、患者の習慣と快適さ、および歯科医の推奨事項によって異なります。

電動歯ブラシ の主な利点は    、虫歯や歯肉炎の形成の原因となる歯垢をさらに減らすことができることです。もう1つの利点は、歯と歯茎にかかる圧力を制御するメカニズムがあるため、歯の摩耗のリスクが少ないことです。電動歯ブラシを使用している患者は、歯磨きに多くの時間を費やす傾向があることがわかり、重要な動機付け要因を示しています。

手動歯ブラシと電動歯ブラシ

電動歯ブラシメーカーは 、タイマーを内蔵しているか、少なくとも2分の正しい洗浄時間を保証する音響信号を発しています。

頭が回転したり振動したりする動きをする人はより効率的です。回転することに加えて、ブラシヘッドは歯を横切って振動し、歯茎が終わり歯が始まる領域に到達するためにさまざまな角度を作ります。これは、歯垢を取り除くのに最も重要です。

電動歯ブラシは 、そのような精神的または物理的な障害を持つ人々のように独立して自分の歯を磨く困難を、持っている人のために特に適しています。それはまた関節炎の患者の優先事項でなければなりません。

介護者や家族が人の歯を磨く責任がある場合、電動歯ブラシは細菌性プラークを除去するのにはるかに便利で効果的で実用的です。
 

そして、どの歯ブラシが子供に適していますか?

子供の場合、3歳までは親が手動の歯ブラシで子供の歯を磨くことをお勧めします。それ以降、子供は歯を磨くときにある程度の独立性を与えることができます。必要に応じて、6歳のときに電動歯ブラシを使い始めるのが良い時期です。電動歯ブラシは子供にとって楽しいので、多くの親が子供たちに歯を磨くように説得するのに役立ちました。彼らが適切に歯を磨き、良い習慣を身につけることができるように、それを行う方法を説明することは非常に重要です。

手動歯ブラシを選択するときは、頭のサイズがかなり小さく、中間の毛が口によく適応し、歯間スペースなどの手の届きにくい領域に到達するブラシを選択する必要があります。

非常に柔らかい毛のブラシは、歯垢を適切に除去することを保証するものではありません。非常に硬い毛のあるものを使用すると、歯のエナメル質と歯茎に損傷を与える外傷性の非常に攻撃的なブラッシングを行うことができます。

ハンドブラシは、特に手術後、縫い目や痛みがある場合に表示されます。この場合、敏感な部分をきれいにするために、より柔らかいブラッシングを可能にする非常に柔らかい毛を備えたハンドブラシを使用するのが最善です。

手動歯ブラシと電動歯ブラシ

手動または電動歯ブラシの一般的な推奨事項

  • 少なくとも1日2回、毎回2〜3分間歯を磨くことをお勧めします。
  • ハンドブラシは3ヶ月ごとに交換してください。電動ブラシについては、メーカーの推奨事項に従ってください。
  • 虫歯を防ぐためにフッ化物ペーストを使用してください。
  • 掃除時間は、手で使うか電動ブラシで使うかによって変わりませんので、2分以上必要です。

電動歯ブラシでどのように歯を磨きますか?

  • ブラシの毛をガムラインに置きます。
  • 歯茎に沿って45度の角度でブラシを保持します。
  • 毛を歯の表面と歯茎に接触させて、できるだけ効果的にブラッシングします。
  • 歯や歯茎を傷つけないように、軽く押してください。電動歯ブラシからの振動は、もう少し圧力を発生させる可能性があります。
  • 領域を忘れないように、特定の順序に従って、一方の側から始まり、もう一方の側で終わります。
  • すべての歯の表面で円を描くように動かしてから、歯茎から歯の外側に向かってスイープする動きで別の一般的なパスを作ります。 
  • 歯間スペースをきれいにするために、咀嚼面や舌、デンタルフロスや歯間ブラシを忘れないでください。


中国の電動歯ブラシメーカー、工場、サプライヤーとして、Shenzhen Relishは様々なタイプの電動歯ブラシの卸売り、ドロップシッピング、OEMサービスを提供しています。同時に、私たちは口腔洗浄器メーカーでもあり、口腔洗浄器の卸売り、直販、OEM/ODMサービスを提供しています。私たちはあなたと一緒に働くことを楽しみにしています。